Past Events

[Seminar] Title: Using Mechanistic Experiments and Macroecological Models to Understand ant Biodiversity in a Changing World

2017年12月5日 (火) 15:00 16:00
C209, Center Bldg.

Speaker: Dr. Nathan Sanders, Professor at University of Vermont

[Seminar] Title: Anthropogenic Climate Change in Tropical and Subtropical Asia, and Its Impacts on Biodiversity

2017年12月5日 (火) 14:00 15:00
C209, Center Bldg.

Speaker: Dr. Richard T. Corlett, Professor at Center for Integrative Conservation, Xishuangbanna Tropical Botanical Garden, Chinese Academy of Sciences

Influenza activated cell death: DAI if you want to live!

2017年12月5日 (火) 11:00 12:00
B711, Lab3

Speaker: Dr. Siddharth Balachandran: Associate Professor at Fox Chase Cancer Center

[PhD Thesis Presentation] - Zafer Hawash - Surface Science Study of Perovskite Solar Cells: Spiro-MeOTAD Hole Transport Material and Perovskite Absorber

2017年11月21日 (火) 9:00 10:00
C700, Lab 3

Titile: Surface Science Study of Perovskite Solar Cells: Spiro-MeOTAD Hole Transport Material and Perovskite Absorber

Speaker: Zafer Hawash

Affiliation: PhD Student -  Energy Materials and Surface Sciences Unit (Qi Unit)

[Seminar] Title: Innate Immune Mechanisms of Synapse Remodeling During Brain Development

2017年11月6日 (月) 14:00 15:00
B700, Lab3

Speaker: Dr. Anna Molofsky

​Affiliation: Assistant Professor, Department of Psychiatry at the University of California-San Francisco (UCSF)

Welcome to Class of 2017 New Students

2017年9月1日 (金) 10:30
OIST Auditorium

Welcome Ceremony for Class of 2017 New Students

OIST Café in Tokyo (2017年7月大学説明会)

2017年7月23日 (日) 14:30
The SNACK (東京都中央区銀座7-5-4毛利ビル2F)

東京(銀座)でOIST大学説明会兼サイエンスセッションを開催します!

OIST Cafeとは、理系学生のための英語研修を兼ねたイベントで、OISTの博士課程や、リサーチインターンシップの紹介を行います。今回は、マイクロ・バイオ・ナノ流体ユニット所属、ポストドクトラルスカラーのフランチェスコ・デル・ジュデイチェ博士と、OIST博士課程1年に所属している堀口理さんが研究環境や、学生生活についてお話しする予定です。

少人数制で、英語と日本語両方交えてのイベントとなりますので、コーヒー片手にカジュアルに楽しめます。みなさんお誘いあわせの上お越しください!

参加費無料、事前登録はこちらから

2017 2nd Admissions Workshop

2017年6月21日 (水) 20:00

Selection workshop for students seeking admission to the PhD program in 2017

Pages