学生支援

学生支援制度とは、学生の基本的な生活をサポートするものです。沖縄での学生生活が十分にサポートされている環境で研究に専念できます。

経済支援

博士課程の学生は、高度な勉学と研究をフルタイムで行うことが期待されます。フルタイムで研究をしていると認められた年には、年間240 万円程度の経済支援があります。これは、快適な生活水準を十分保証する額です。 さらに、学生は、パソコン貸与のほか、国内・国際会議出席の旅費についても経済支援を受けられます。

本学では、学生への支援を保証する一方で、学生が学外の奨学金を申請することを強く推奨しています。インセンティヴとして、本学の経済的支援で学外の奨学金を補完することにより、標準を60 万円上回る、総額300 万円までの奨学金を受けることができます。

医療

OIST では、業務時間内にキャンパス・クリニックで、医療サービスを提供しています。また、沖縄には質の良い病院や診療所があり、英語などの他言語で支援を受けられることから、クリニックでは必要に応じて地元の医療機関を紹介しています。さらに、OIST の学生全員が災害傷害保険に加入します。

保育

OISTキャンパス内「てだこチャイルド・ディベロップメント・センター」のプレスクールでは質の高い幼児教育を提供しております。その他、学童及びホリデイプログラムもご利用になれます。

住居

キャンパスビレッジというエリアに、家賃補助宿舎を設けています。宿舎は緑豊かな自然に囲まれた湖畔の、亜熱帯のビーチを見下ろす丘の中腹にあります。基本的に学生は、ルームシェア用宿舎(個室、キッチン、リビングルーム付)で生活します。単身者用または家族用宿舎を選択することも可能です。宿舎はアメニティ(店舗や福利厚生施設)から歩いてすぐの場所にあり、研究棟からも近い距離にあります。集合住宅はすべて新築で、海の眺めがよく、ビーチから徒歩わずか5 分の場所にあります。

現在、単身者用宿舎(家具付)の賃貸料は、21,600円/月、259,200円/年です。ルームシェア用宿舎は、18,000 円/月、216,000円/年で借りることができます。家具なしの宿舎は廉価に利用が可能です。少なくとも課程の最初の2 年間は、学生はキャンパスに居住することになります。

コンピュータ環境

本学では、研究者としての可能性を十分に引き出す手助けになるように、充実したコンピュータ環境を提供しています。また、研究用の高性能な計算機環境を学生も自由に利用できます。教育面・研究面での必要に応えるため、学生はノートパソコンや様々なソフトウェアを貸与されます。

学生ビザ申請支援

学生支援セクションは、学生ビザ申請のサポートをします。ビザ申請前に、学生は必要条件を満たしていなければなりません。ビザ申請のサポートを必要とする場合は、少なくとも申請日の3ヶ月前までに学生支援セクションに連絡してください。

レクリエーション・文化・社会活動

学生支援セクションは、レクリエーション・文化・社会活動を企画・促進し、学生の福祉をサポートします。

詳細については、学生支援セクションまでお問い合わせください。