Primary tabs

大学院大学

沖縄科学技術大学院大学(OIST)博士課程のご案内

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、基礎科学を基盤とした高度な学際的教育を行なうことを重視しています。学生の個々の希望と適性を考慮しながら、それぞれにカスタマイズされた履修計画を編成します。また、既存のコースの他、プログラムの一環として、世界トップレベルの教員から最高水準の指導を受けながら行う自主研究、目下の関心事についての特別課題演習、世界的に有名な国際ワークショップ等も提供しています。

OISTの中核を形成する約50の最先端の研究室では、物理、化学、数学、海洋科学、神経科学、及びライフサイエンスといった幅広い分野の研究が行われています。OISTは、学部間の壁のない研究体制と各分野のトップレベルの研究により、境界のないサイエンスを推し進めています。学生は、各研究室に配属されるのではなく、博士課程プログラムを履行します。1年次に、学生は3箇所の異なるラボをローテーションし、その後、研究指導を受けるラボを決定します。学生は、入学直後から、世界トップレベルの教員や研究者による懇切な指導のもと、最先端機器が完備されたラボで研究活動に取り組みます。

学年は毎年9月に始まり、8月に終わります。入学前の期間(4月~8月末)に、希望者は語学研修を受けることが可能です。学生は全員、国際的にも恵まれた経済支援制度を受けつつ、学生料金でキャンパス内の住宅に居住することができます。全ての研究ユニットの研究費は、内部資金によってまかなわれています。

OISTは、発見・革新を奨励する環境の中で開花できる優秀な学生を世界中から求めています。本学は、受入人数を毎年約35名の少数に限定しており、最終選考は、沖縄の本学キャンパス内における面接をもとに行われます。入学願書は随時受け付けています。

出願方法に関しては、入学者選考のページをご覧ください。

詳細について

oist-grad-prog-brochure_cover_320px
 

 

OIST大学院大学概要 (PPT)ダウンロード

 

素晴らしいOIST紹介ムービーをご覧ください。(それぞれバージョンが異なります。)

国内・海外の他の大学院又は大学(学部後期課程)に在籍し、OISTでの短期間の研究に興味をお持ちの方は、リサーチ・インターンのページをご覧ください。

他大学の博士課程に在籍し、OISTでの長期間の研究に興味をお持ちの方は、特別研究学生のページをご覧ください。

各プログラムの受入人数には制限があります。研究科長の承認、または競争的な選考を経て合格に至ることが入学の条件となります。