SAP Sun Safety Policy

We will now refer to the following website

 

 

Duration of the permitted playtime at the SAP will be as follows:

 

Red  No Outdoor play (Unless playing with water, in the shade, and drinking water, not to exceed 30 minutes)

 

Orange  Outdoor play limited to 30 minutes (Unless playing with water, in the shade, and drinking water, not to exceed 45 minutes)

 

Yellow  Outdoor play limited to 45 minutes (Unless playing with water, in the shade, and drinking water, not to exceed 60 minutes)

 

Green  Outdoor Play is ok.

 

 

These guidelines have been put in place in order to prevent heat strokes and heat-related illnesses. Children have poorly developed body temperature regulation and are also short so they are closer to the ground. They also tend to become absorbed in playing and forget to drink water or liquids. Since young children cannot take effective measures against heatstroke on their own, it is important that adults protect children from the risks of heatstroke. 

 

Teachers of the SAP will also remind the children to drink water every 15 minutes when playing outdoors. Children will also be reminded to drink water indoors during the summer.

 

Frequent hydration is essential in preventing heatstroke. Children move around a lot and have an active metabolism, so they are easily affected by sweat and dehydration. Children should drink barley tea, buckwheat tea or water at least once every 1-2 hours and carry a PET bottle or water bottle with them when possible.

 

 

 

 

 

今後は下記のWebサイトを参考にします。

環境省熱中症予防情報サイト グラフ-今日那覇(沖縄)(env.go.jp)(日本語)

MoE提供の熱中症予防情報(env.go.jp)(英語)

 

 

SAPで許可されている遊び時間の長さは次のとおりです。
 

- 屋外遊びはできません(水遊び、日陰、および飲料水を飲んでいる場合は、30分まで

 

オレンジ- 30分まで屋外遊びができます(水遊び、日陰、および飲料水を飲んでいる場合は、45分まで

 

黄色- 45分まで屋外遊びができます(水遊び、日陰、および飲料水を飲んでいる場合は、60分まで

 

- 屋外遊びができます

 

これらのガイドラインは、熱中症や熱による病気を防ぐために導入されました。子どもたちは体温調節が十分に発達しておらず、背が低いため地面により近いです。また、遊ぶことに夢中になり、水などのや水分を取るのを忘れがちです。幼い子どもは熱中症に対して自分で効果的な対策を講じることができないため、大人が熱中症のリスクから子どもを保護することが大切です。

 

SAPの先生たちは、屋外で遊ぶときは15分ごとに水を飲むように子どもたちに指導します。夏の間は、屋内でも水を飲むように促します。

 

熱中症を防ぐには、頻繁な水分補給が不可欠です。子どもたちは動きまわることが多く、新陳代謝が活発であるため、汗や脱水症状の影響を受けやすくなっています。子どもたちは、麦茶、そば茶、または水を少なくとも12時間に1回飲み、可能であればペットボトルまたは水筒を携帯する必要があります。

 

なにとぞご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。