広報ディビジョン

広報ディビジョンは、効果的かつ創造性に富むやり方で、包括的な情報をタイムリーに発信し、OISTへの理解、評価、支援を促進しています。沖縄県のみならず、国内外の科学コミュニティ、政府、助成機関、産業界、ビジネスリーダー、世界中の科学技術分野の大学院レベルの学生を含む幅広い層の人々からの支持を集め、大学院大学としてのミッションを推進しています。またコミュニティ構築のためのツールやイベントを通じ、OISTメンバーの業務やライフスタイルをさらに豊かでやりがいのあるものにするため、学内でのコミュニケーションと協力体制を強化しています。

広報ディビジョンの2020年度の優先戦略事項は以下の通りです:

  1. OISTの成果を、国外の科学コミュニティ、産業界、日本国民、及び東京都・沖縄県・恩納村の行政関係者に向け、より存在感と意義を持たせながら発信します。
  2. 沖縄県の経済的、社会的、文化的福利において、OISTの具体的貢献を示す機会を見出だし、OISTの持つ科学的価値、創造性、独創性が沖縄県外でも重要であることを示します。
  3. 起業家精神を推進し、基礎科学を画期的イノベーションへと転換するOISTの成果を推進します。
  4. OISTの持つ卓越したミッション、地理的優位性、地域社会における多様性に加え、日本の研究・大学院教育において、いかにOISTがモデルとなるようなユニークでポジティブなチャレンジをしているかについてアピールします。

広報ディビジョンには、以下の3つのセクションがあります。

  • 地域連携セクションでは、キャンパスツアー、展示会、オープンキャンパス・子ども科学教室・学校訪問などのコミュニティと教育プログラムを行っています。
  • デジタルコンテント・ブランドデザイン・セクションでは、ウェブデザイン、ウェブ開発、ユーザー・トレーニング、コンテンツ戦略と管理を行っています。
  • メディア連携セクションは、報道関係者らとの連携業務を行い、機関としての評価管理を担う広報担当副学長をサポートしています。

上記セクションに加え、広報担当副学長は、翻訳、通訳、コピーライティング、校正、学内コミュニケーション、スタッフ・エンゲージメントを担当するチームを直接監督します。

現在の広報担当副学長は、2019年9月に着任したジョナサン・レイです。これまでの経歴では、オックスフォード大学、KAUST(キング・アブドゥッラー科学技術大学)、ノッティンガム大学(英国、中国、マレーシア)において、コミュニケーション広報部を統率しました。

副学長プロフィール:  https://www.oist.jp/ja/jonathan-ray

広報担当副学長アシスタント: 伊藤早苗