発光するスマートポリマーフィルム(No.0206)

 
<< 技術一覧に戻る

概要

機械的刺激に反応して発光する混合ポリマーフィルム。

スマートマテリアルの世界市場規模は、2025年までに年平均13.5%で成長し、982億米ドルに達すると予想されています。スマート材料とは、電界や磁界、温度、圧力、機械的ストレス、静水圧、核放射線、pH変化など、さまざまな刺激を感知して反応する先端材料を指します。トリボルミネッセンス(Triboluminescence)材料は、機械的な刺激に反応して発光するスマート材料の一例であり、機械応答性センサーや発光デバイスなどへの幅広い利用の可能性があるため、大きな関心を集めている材料の一つです。しかし、このトリボルミネッセンス材料は、結晶系の場合には破壊が必要であることや、生体適合性に限界があることなどの問題があります。ジュリア・クスヌディノワ准教授が率いる研究者グループは、ポリマーフィルムとルミノフォア(発光団)の混合化合物をベースにした、機械的な刺激で発光するスマート材料を開発しました。

 

准教授:
ジュリア・クスヌディノワ

錯体化学・触媒ユニット

応用

  • 機械的刺激センサー
  • 発光繊維や塗料
  • 自己発電型ディスプレイ

 

利点

  • シンプルな合成方法
  • 結晶性を必要としない
  • 生体適合性
  • 可逆的に反応

 

技術のポイント

本技術は、幅広いルミノフォア(生体適合性のある分子を含む)を混合したトリボルミネッセントポリマーフィルムの製造方法です。また、様々なポリマー材料で作ることが可能で、ポリマーに直接接触していなくても(別の材料の層を介しても)、摩擦に反応して発光します。この反応は、不活性ガス下でも乾燥空気下でも見ることができ、発光材料の破壊や機械的ダメージを必要としません(反応がリバーシブル)。また、発光体とポリマーを物理的に混合するだけでポリマーフィルムを作成でき、共有結合を必要としないことも特徴です。

 

メディア掲載・プレゼンテーション

 

問い合わせ先

  Graham Garner
技術移転セクション

  tls@oist.jp
  +81(0)98-966-8937