シンポジウム

「AI X ART X AESTHETICS -人工知能に美意識は芽生えるか-」を全体テーマとして、OISTにて全6回のシンポジウムを開催します。各回には個別のサブテーマが設けられ、3名による講演と全体討論で議題を深めます。出演者の一部は展覧会出品者を兼ねています。

モデレート:銅谷賢治(OIST、11/12以外の全回)、中ザワヒデキ(AI美芸研、全回)。J/E(日英)同時通訳

01 AI美学と芸術

第9回AI美芸研 シンポジウム
2017年11月12日(日)
14:00-19:00 (開場13:30)
講堂 / 参加費無料
J/E(日英)同時通訳

パネリスト

  • 畒見達夫
    創価大学理工学部情報システム工学科教授 理工学部長 アーティスト 【展覧会出品者】
  • マイク・タイカ
    分子彫刻とニューラルネットのアーティスト、グーグル社技師、機械学習の研究者【展覧会出品者】
  • 塚田稔展示会情報
    工学博士・医学博士 玉川大学脳科学研究所客員教授・名誉教授、画家(日本画府洋画部専務理事)【展覧会出品者】

モデレート

  • 中ザワヒデキ(AI美芸研)

Background and Notes

畒見達夫

計算機による計算機のための美学・創造・芸術 — 進化芸術学に向けて

美の根拠は人の感性にあると信じる人々にしばしば遭遇する。また、美は神が創造したものであり、人はそれを理解しようと足掻いているだけであるという人もいる。あるいは、創造性や芸術は人にだけ与えられた特権であり猿や機械には不可能という意見も聞く。それらは本当だろうか?科学的知見によると、人も長い生物進化の流れの中に現れた「種」の1つであり、知能も感性もその結果として出来上がった機能である。もちろん、内省的実感について否定するつもりはないが、人々の間で語られる美、創造、芸術を、進化計算の目から捉え直し、計算機群の間でも同様の現象を語ることは可能ではなかろうか。演者による進化計算と人工生命研究に基づく「進化芸術学」への試みについて紹介する。

マイク・タイカ

Neural networks: a new opportunity for art

Throughout history, technological breakthroughs have often deeply influenced the world of art. We are currently in the midst of such a technological change: artificial neural networks are beginning to be able to perform well on difficult tasks from image or speech recognition to playing complex games such as Go and these technologies are rapidly becoming part of our daily lives. Likewise artists are experimenting with new ways to create art. After a short introduction to neural networks and how they work I will present some of my experiments over the last two years, including making large scale art with Google’s DeepDream algorithm, currently exhibited at OIST. I will also cover experiments with Generative Adversarial Networks to generate a series of imaginary portraits, which explore the strangeness of the "uncanny valley". Finally I will present a collaboration with Refik Anadol where we invite the viewer to consider alternate histories by generating imaginary items based on the real historical archive.

塚田稔

脳と人工知能と芸術

「芸術は人間の創造物であり,人生を如何に生きるかの表現である」。この思いから私は、60年余絵を描いてきた。人工知能芸術が脳の働きや神経回路網のダイナミックな情報表現を取り入れて創作すれば、観客を一層惹きつける作品ができるであろう。人工知能は人間の脳のダイナミックな仕組みを十分に利用していない。いっぽう,脳科学者は芸術家の創作表現から脳内の情報創成のメカニズムを究明すれば、脳研究を一層発展させることができるであろう。 現在、記号処理とパターンダイナミクスの結合が可能になってきた。脳科学、人工知能、芸術の相互コミュニケーションと協力によって大きな“うねり”ができつつある。人間の創造性のメカニズムが明らかにされ,人間の人間たる存在の重要性が理解されていくことを期待したい。

02 意味/無意味と言語

第10回AI美芸研 シンポジウム
2017年11月25日(土)
14:00-19:00 (開場13:30)
セミナールームB250 / 参加費無料
J/E(日英)同時通訳

パネリスト

  • 佐藤直行
    公立はこだて未来大学複雑系知能学科教授
  • ミカエル・シュプランガー
    アーティスト、ソニーコンピュータサイエンス研究所研究員 【展覧会出品者】
  • 松原仁
    公立はこだて未来大学副理事長兼複雑系知能学科教授、元人工知能学会会長 【出品関係者】

モデレート

  • 銅谷賢治(OIST)
  • 中ザワヒデキ(AI美芸研)

03 未来のAI

第11回AI美芸研 シンポジウム
2017年11月26日(日)
14:00-19:00 (開場13:30)
セミナールームB250 / 参加費無料
J/E(日英)同時通訳

パネリスト

  • 高橋恒一
    理化学研究所 チームリーダー、全脳アーキテクチャ・イニシアティブ 理事・副代表
  • 中ザワヒデキ
    美術家、人工知能美学芸術研究会(AI美芸研)発起人代表 【展覧会出品者】
  • ロルフ・ファイファー
    チューリヒ大学名誉教授、上海交通大学自動化学科、リビング・ウィズ・ロボット社科学コンサルタント

モデレート

  • 銅谷賢治(OIST)
  • 中ザワヒデキ(AI美芸研)

04 AI美学と多神教

第14回AI美芸研 シンポジウム
2018年1月6日(土)
14:00-19:00 (開場13:30)
講堂 / 参加費無料
J/E(日英)同時通訳

パネリスト

  • 岡田浩之
    玉川大学学術研究所先端知能・ロボット研究センター主任、ロボカップ日本委員会専務理事
  • 栗原聡
    電気通信大学大学院情報理工学研究科教授 人工知能先端研究センター長【展覧会出品者】
  • 銅谷賢治
    沖縄科学技術大学院大学神経計算ユニット教授【展覧会出品者】

モデレート

  • 銅谷賢治(OIST)
  • 中ザワヒデキ(AI美芸研)

05 人工意識/人工生命

第15回AI美芸研 シンポジウム
2018年1月7日(日)
14:00-19:00 (開場13:30)
講堂 / 参加費無料
J/E(日英)同時通訳

パネリスト

  • 池上高志
    複雑系科学研究者 東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻広域システム系 教授
  • 金井良太
    神経科学者 株式会社アラヤ代表取締役
  • 中垣俊之
    北海道大学 電子科学研究所 所長 附属社会創造数学研究センター知能数理研究分野 教授

モデレート

  • 銅谷賢治(OIST)
  • 中ザワヒデキ(AI美芸研)

06 AI美学と機械

第16回AI美芸研 シンポジウム
2018年1月8日(月祝)
14:00-19:00 (開場13:30)
講堂 / 参加費無料
J/E(日英)同時通訳

パネリスト

  • 秋庭史典
    名古屋大学大学院情報学研究科准教授、美学芸術学
  • インケ・アーンス
    ドルトムント・HMKVキューレイター、アートディレクター
  • エレナ・ノクス
    パフォーマンス/メディア・アーティスト、JSPS博士研究員、早稲田大学表現工学科【展覧会出品者】

モデレート

  • 銅谷賢治(OIST)
  • 中ザワヒデキ(AI美芸研)