園長・スタッフ紹介

園長・スタッフ紹介

 

CDC園長 Julia Nabholz (ジュリア・ナブホズ)
Email: julia.nabholz@oist.jp

米国ウェストフロリダ大学で初等教育の学士号を取得し、フロリダにて英語以外の言語を話す生徒へ英語を教える小学校(K-6、幼稚園~6年生)教諭免許を保持。アメリカと日本でクラス担任として数年過ごした後、2012年、教育コーディネーターとしてOISTで勤務を開始。アフタースクール(学童保育)のパイロットプログラムを実施し、その後、OIST教職員のための保育園「チャイルドディベロップメントセンター(CDC)」の立ち上げを担当。2013年、教職員たちの教育的ニーズに応え、保育とバイリンガル幼児教育を提供するプリスクール(保育園)をOISTキャンパス内に開設。CDCのディレクター(園長)に就任して以来、保育園の成長拡大に取り組む。2020年、ニューヨーク市のコロンビア大学教員養成大学のフェローシップを授与され、奨学金給費研究員として幼稚園園長プログラムを修了。

保有資格:

  • State of Florida Department of Education                  Certification #1058960
  • Elementary Education Grades K-6      
  • English to Speakers of Other Languages Endorsement 

 

CDC副園長 Akira Fukumoto (福本 陽)
Email: akira.fukumoto@oist.jp

福本陽は、CDCで副園長を務めています。
神戸大学で人間科学の修士号を取得し、保育士資格、中学、高校の教員免許を保持しています。出身は神戸ですが、この島の美しさに魅せられ、沖縄に移住してきました。沖縄県内で米軍基地内の保育施設で15年以上勤務した後、2021年に副園長としてCDCに加わりました。幼児教育者は、次代を担う子どもたちの人生に大きな影響力を持つ存在であると信念に基づき、CDCスタッフ一丸となって、子どもたちの創造的思考、問題解決能力、想像力を最大限に引き出せるような最高の学習環境整備に努めてまいります。

 

事務スタッフ Junko Shimabukuro (島袋 順子)
Email: junko.shimabukuro@oist.jp

島袋順子は、2013年の開園当初からCDCの事務スタッフとして働いています。それ以前は、沖縄県内の大学付属保育園で6年、インターナショナルスクール2校で計15年勤務した経験があります。事務の他、送迎車の運転や病気になった子どもの世話等、さまざまなサポート業務に携わってきました。多様な出身国、多様な言語を話す愛らしい子どもたちと一緒に過ごすことができるこの仕事を、とても楽しんでいます。子どもたちの笑顔や笑い声に囲まれながら、外国籍ファミリーならではの様々なニーズに応え、サポートできることに大きなやりがいを感じています。夫、大学生の娘、そして2匹の猫、ミッシーとタマと一緒に過ごす時間も大切にしています。

 

事務スタッフ Yuko Koki (幸喜 有子)
Email: yuko.koki@oist.jp

幸喜有子は、2017年からCDCに勤務しています。それ以前は、沖縄県内の中学校や高校、およびラオスの日本人学校で英語教師として勤務した経験があります。2人の子どもを出産したケニア、第3子を出産したトルコ、そしてラオスとイスラエル、4か国で生活した経験があります。様々な国での生活を通し、数多くの国際的な人々と出会った経験から、OISTコミュニティのニーズを理解し、小さな子どもを持つOISTファミリーのサポートができることを大変うれしく思っています。週末は高校生の末っ子と過ごし、学業と音楽の両面から彼女をサポートしています。家で時間があるときには、ミニチュアシュナウザーのソーニャと一緒に過ごしています。