神経情報・脳計算ユニット(深井 朋樹)

概要

感覚知覚、学習と記憶、および意思決定などの脳の認知機能は、神経回路による計算に依り実現します。 我々は、機械計算と比較した場合の生物学的神経計算の利点は、脳の神経回路が計算を実装する方法にあると考えています。 本研究室では、計算論的あるいは理論的なアプローチによって、脳が情報を符号化する仕組みと脳計算の回路メカニズムを明らかにしたいと考えています。我々の最終目標は、脳の神経回路が実装する強力かつ柔軟な情報処理に対する、最大限に有効な最小限の数学的記述を見つけることです。

NCBC Unit logo

神経情報・脳計算ユニット

主要な研究テーマ

  • 脳の階層的確率計算のメカニズム
  • 回路レベルの計算と学習における樹状突起の役割
  • 記憶情報処理の神経回路メカニズム
  • 大規模神経活動データからの神経コードの解読
  • 脳の回路計算に学んだ人工知能技術の創出

Latest Unit News

  • Congratulations to Dr. Chi-Chung Fung for being offered a tenure-track position at the City University of Hong Kong! (March 2022)
  • Congratulations to Dr. Hongjie Bi for being offered a tenure-track position at Shenzhen Bay Laboratory! (March 2022)
  • Congratulations to Roman Koshkin being selected for the Google AI PhD Fellowship! (September 2021)
  • Congratulations to Dr. Menezes Carvalho for defending her PhD at Tōdai! (March 2021)
More Unit News

博士研究員(ポスドク)の募集

  詳細は英語ページをご覧ください。