神経情報・脳計算ユニット(深井 朋樹)

概要

 感覚知覚、学習と記憶、および意思決定などの脳の認知機能は、神経回路による計算から出現する。 我々は、機械計算と比較して生物学的神経計算の利点は、脳の神経回路が計算を実装する方法にあると考えている。 我々は計算論的あるいは理論的なアプローチをとることによって、脳計算の神経コードと回路メカニズムを明らかにしたいと考えている。目標は、脳の神経回路が実装する強力かつ柔軟な情報処理に関する、十分に有効な最小限の記述を構築することである。

主要な研究テーマ

  • 脳の階層的確率計算のメカニズム
  • 回路レベルの計算と学習における樹状突起の役割
  • 記憶情報処理の神経回路メカニズム
  • 大規模神経活動データからの神経コードの解読
  • 脳の回路計算に学んだ人工知能技術の創出