OIST文化講演会 コンサート「葦笛の歴史から見る、楽器と音楽の伝播」笠松 泰洋

Date

2018年2月3日 (土) 15:30

Location

センタービル レストランフロア

Description

予約

2018年1月16日(水)午前10時https://www.oist.jp/reserve2にて予約開始。

プログラム

メイ(トルコのひちりき)演奏

  • ナシブウルサ (トルコ古謡)
  • ポプスレイマン(イラン古謡)

ズルナ(古代オーボエ)演奏

  • ハライ (トルコの伝統ダンス曲)
  • アゼリヤーリ (アゼルバイジャンの伝統ダンス曲)
  • ジュディン・デディン(トルコ軍楽隊曲)
  • サズセマーイ (トルコ軍楽隊曲)

プロフィール

笠松 泰洋(作曲家)

1960年福井市生まれ。東京大学文学部美学芸術学科卒業。作曲を故三善晃、ピアノを故ゴールドベルク山根美代子、オーボエを故岩崎勇の各氏に師事。室内楽からミュージカル、音楽朗読劇、オペラまで幅広く作曲。また、故蜷川幸雄作品をはじめとする演劇、森山開次や平山素子のダンス作品、映画・テレビの映像作品等に数多くの音楽を提供している。クラシックの現代音楽の枠に囚われず、民族音楽、ジャズ等ホーダーレスの作曲活動を展開し、常に新しい音楽を模索中。オーボエとオーボエ系民族楽器(ズルナ、メイ)を演奏し、様々なレコーディングにも参加。新オリエント楽派、桜バンドのメンバーとしても活動している。クリスタルアーツ所属。

Website URL

https://www.oist.jp/reserve2

Attachments

All-OIST Category: 

Import this Event: Right-click to download, then open in your calendar application.

Subscribe to the OIST Calendar: Right-click to download, then open in your calendar application.