量子システム研究ユニット (トーマス・ブッシュ)

私たちの研究はいくつかのプロジェクトから構成されており、人工及び自然の量子システムにおける量子情報や量子工学のアイディア、概念を理論的に研究しています。関心分野としては極低温原子ガスの領域にとどまらず、固態ナノ構造やナノ光デバイス、さらには生物学的システムをも含みます。極低温原子ガスについては実験的研究が進み、高いレベルでのコントロールが可能ですが、理論的研究においても詳細な理論的処理が可能となっています。量子情報から得られるアイディアと高度な研究が進む量子工学システムを組み合わせることで、近年、膨大な基礎物理的プロセスの洞察がもたらされ、量子技術の発展と基礎量子工学の理解を推進しています。

 

Latest Posts

  • Mentoring Award

    Prof. Thomas Busch has received the best OIST mentor award!
    The award is presented by the OIST Researcher Community, and is given in recognition of Faculty members’ strong commitment to outstanding mentoring in career advancement for group members and OIST Employees.
    Congratulations!

  • PhD Presentation Irina Reshodko

    The summit of a five-year research career finally achieved. Well done, Irina! 

  • Chiral Force Outreach Article

    Our outreach article about chiral forces - a new tool in the quantum engineering toolbox - is finally published, in English and in Japanese!