サンゴ大規模白化緊急対策会議

Date

2017年4月23日 (日) 10:00

Location

OISTメインキャンパス、セミナールームB250

Description

このたび、「サンゴ大規模白化緊急対策会議」を沖縄科学技術大学院大学(沖縄県恩納村)で開催します。

環境省では、サンゴ礁生態系保全に向けて、平成28年3月に「サンゴ礁生態系保全行動計画2016-2020」を策定し、様々な関係者による総合的取組を促進しているところですが、平成28年夏季には、過去最大級の大規模な白化が発生しました。

これを踏まえ、有識者や関係機関等が一堂に会し、白化の現状と白化対策に関する最新の知見を共有し、意見交換を通じて、緊急宣言を取りまとめます。

環境省が、白化をテーマに、関係者が一堂に会する会議を開催するのは今回が初めてです。
会議は公開で行い、広く一般の方も傍聴いただけますので、多くの皆様のご参加をお待ちしています。

プログラム(予定)
10:00~10:05 開会挨拶 
10:05~10:15 サンゴ大規模白化緊急対策会議座長挨拶 土屋 誠氏(琉球大学名誉教授)
10:15~10:45 白化の現状に関する報告
       ・モニタリングサイト1000の結果報告(仮) 生物多様性センター
       ・石西礁湖の状況について(仮) 中村 崇氏 (琉球大学理学部准教授)
10:45~11:45 世界の動向に関する講演及び報告
       ・世界におけるサンゴ礁生態系の動向と今後の予測について(仮)
        山野 博哉氏(国立環境研究所生物・生態系環境研究センター長)
       ・国際サンゴ礁イニシアチブの取組及びNOAA白化レポートについて(仮)
        木村 匡氏(自然環境研究センター上席研究員)15分
11:45~12:35 行動計画推進主体からの取組報告
       環境省、農林水産省、沖縄県、日本サンゴ礁学会サンゴ礁保全委員会
13:30~16:10 有識者からの白化への具体的な対策に関する報告
       ・金城 孝一氏(沖縄県衛生環境研究所主任研究員)
       ・中野 拓治氏(琉球大学農学部教授)
         /金城 健正氏(水土里ネットいとまん事務局長)
       ・中西 康博氏(東京農業大学国際食料情報学部教授)
       ・比嘉 義視氏(恩納村漁業協同組合)
       ・金城 浩二氏(有限会社海の種代表)
       ・鈴木 倫太郎氏(WWFジャパン サンゴ礁保護研究センター長)
       ・宮本 育昌氏(コーラル・ネットワーク事務局長)
       ・古川 恵太氏(笹川平和財団海洋政策研究所海洋研究調査部長)
16:10~16:50 意見交換 (座長:土屋 誠氏(琉球大学名誉教授))
17:00~17:10 会議の取りまとめ発表 
17:10~17:15 閉会挨拶
ご参加について
  • 参加費無料。要事前申込(申込締切:2017/4/21の12:00)。
  • ​申込先(FAX:03-5362-0121、email: sango2017@omc.co.jp)。
  • 講演言語:日本語

Website URL

http://kyushu.env.go.jp/naha/pre_2017/post_35.html

Attachments

Sponsor or Contact: 
主催: 環境省;共催: 沖縄県、沖縄科学技術大学院大学、日本サンゴ礁学会サンゴ礁保全委員会(予定)
All-OIST Category: 

Import this Event: Right-click to download, then open in your calendar application.

Subscribe to the OIST Calendar: Right-click to download, then open in your calendar application.