About the Dean

Milind Purohit - Dean of Faculty Affairs

Dr. Purohit is an experimental particle physicist by profession with research, teaching, and leadership experience on many experiments and in an administrative context at several institutions. These include the California Institute of Technology, Fermilab, Princeton University, and the University of South Carolina. His professional interest has been in the study of charm and bottom quarks as well as in the physics of neutrinos. He has been co-spokesperson of a major experiment at Fermilab (E791) for over 15 years, has participated in and chaired university-wide committees at South Carolina, and chaired the Department of Physics and Astronomy there for five years. He is delighted to participate in the building of this great new institution on such a beautiful island.

ミリンダ・プロヒッタ教授は実験的素粒子物理学者として、様々な研究機関で研究と教育に従事するとともに、多くの実験とその運営管理を指揮してきました。これまで、カリフォルニア工科大学、Fermilab(フェルミ国立加速器研究所)、プリンストン大学、サウス・カロライナ大学等に務めてきました。専門分野は、チャームクォーク、ボトムクォーク、ニュートリノ物理学です。Fermilab(E791)では15年以上、共同広報担当を務めました。またサウス・カロライナ大学では学内の様々な委員会の委員長を務め、物理学部・天文学部長の職を5年間務めました。プロヒッタ教授は、「美しい沖縄にあるこの新しい大学の一員になれたことを嬉しく思います」と思いを語ります。