技術移転プロセス

技術移転セクションは広く様々なバックグランドを持つ個人と一緒に仕事をします。それは発明者、事業開発セクション(BDS)、外部研究資金セクション(GRCS)、様々な学術協力機関、JSTのような外部資金提供者、特許弁護士(弁理士)、技術マーケティング企業、民間企業(共同研究先もしくは潜在的なライセンシー)、ライセンスのプロセスにおけるコンサルタントなどを含みます。特許を出願した後、マーケティング、マッチング活動、ライセンス活動が繰り返されます。そうした活動により、ある技術が複数の企業へのライセンスに結びつきます。

各プロセスのさらなる詳細は以下のとおりです。

発明

  1. OISTでの研究成果としての発明

開示

  1. 発明者による技術移転セクションへの発明開示
  2. 特許弁護士、弁理士との任意の相談

評価

  1. 先行技術調査
  2. 発明者による特許弁護士、弁理士への概要説明
  3. 委員による発明評価

特許

  1. 特許明細書のドラフティング
  2. 特許出願
  3. 特許化に関する手続き
  4. 特許の権利化
  5. 特許の維持管理

マーケティング

  1. マーケティング資料の作成
  2. 潜在的なライセンシーの探索およびコンタクト
  3. 潜在的なライセンシーとのNDA締結

マッチング

  1. 提携の枠組みと契約条件の交渉
  2. MTAもしくは共同研究契約による協力関係の開始
  3. ライセンス契約の締結

ライセンス

  1. 契約の管理とモニタリング