沖縄環境研究支援セクション

沖縄環境研究支援セクション集合写真

Overview


沖縄環境研究支援セクションは、OISTの沖縄陸域フィールド研究や地域社会ネットワークをより持続的安定的に維持推進するため、OKEON美ら森プロジェクトの一部機能が独立する形で2019年4月に設立されたセクションです。
これまでOKEON美ら森プロジェクト(https://okeon.unit.oist.jp/?lang=ja)で培った沖縄社会とのネットワーク、環境観測ネットワーク、そしてそれらを支える経験豊富なチームを活かし、沖縄における陸域野外調査のサポートや、システムの維持管理、そして環境研究や環境教育を通した沖縄の持続的発展への貢献を目指します。
 

Mission

  • 沖縄県内の陸域におけるフィールドワークのサポート
  • 陸域フィールドワークに関する共通機器の維持・管理
  • OKEON美ら森プロジェクトの運営と発展、活用
  • OKEON美ら森プロジェクト観測機器の維持・管理
  • OKEON観測網による、長期的なデータ収集および試料コレクションの管理・保管
  • OKEON美ら森プロジェクトのデータや人材、協働ネットワークを活用した、沖縄社会の持続的発展への貢献
     

Services

OIST研究者向け支援内容

  • 沖縄県内の陸域サンプリングに必要な許認可の探索と案内、申請支援
  • 沖縄県内の陸域調査実施に必要な地元との調整
  • OKEON美ら森プロジェクト調査区についての情報提供
  • OKEON美ら森プロジェクト調査区での調査実施に対する総合支援
  • OKEON美ら森プロジェクトに関わる学術成果の、沖縄社会へ還元、プロモーション、およびその調整
     

Latest Posts

  • 沖縄県ヒアリ対策事業最後の石垣出張(2020/03)

    沖縄県から受託していた「外来種対策事業(ヒアリ等対策)」も、終了が近づきました。まだ進めなければならないことはたくさん。それなのに、残念ながら新型コロナウィルス感染症の影響で、県事業最後に行う予定だった石垣市でのヒアリ監視と対策に向けた関係者会議が延期になってしまいました。やっとここまで来たところだったので悔しいですが、安全第一なので仕方ないですね。でも、その代わりに環境省石垣自然保護官事務所で情報共有と意見交換をし、夕方、事業開始以来、ずっと石垣港のSLAMトラップのメンテナンスや周辺の見回りを続けてくれた八重山ネイチャーエージェンシーのみなさんへ、これまでの事業成果の報告をしました。沖縄県事業は終わっても、こうして地元密着で頑張っている皆さんとのつながりは、これからも大切にしていきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。

  • ヒアリ同定研修 in 宮古島(2020/02)

    宮古島で環境省主催の外来アリ講座が開催され、その講師として沖縄環境研究支援セクション(OERSS)の吉村が専門家として招聘されました。
    スライドや実際の標本などを使って、参加してくれた港湾管理関係者や沖縄県保健所、博物館の関係者のみなさんに向けて、ヒアリの同定講座を行いました。講座のあと実際に宮古港湾のコンテナ置き場に入り、コンテナ周りに生息するアリ類を受講者のみなさんと確認し、外来アリ類の侵入や定着をどのように防いでいくか意見交換しました。同じ沖縄とはいえ平良港は本島から遠く、そして那覇港と比べてずっと規模も小さいですが、深刻な侵略種の島への侵入や定着・拡散を防止するためには、ここでもやはり地域の協力で息の長い監視体制を作り上げて維持することが大切です。

  • カメラデバイスプロジェクトの共同研究者がOIST訪問(2020/02)

    OKEON美ら森プロジェクトのカメラ機器の共同研究者である帯広畜産大学の赤坂さんがOISTを訪問してくれました。生態系が持つ分解能力や、それに対する外来種やヒトの活動の影響を研究しています。今回は、これまでの解析結果や野外調査の機器設置についてなど、有意義な会議を持つことができました。