機械学習とデータ科学ユニット

機械学習とデータ科学ユニットでは、機械学習アルゴリズムの研究開発および機械学習を用いた重要な科学の問題解決を目指しております。現在は、カーネル法や深層学習モデル等における高次元データの統計的モデリングや、グラフニューラルネットワーク(GNN)、最適輸送問題などの幾何学的機械学習アルゴリズムの研究開発をおこなっています。さらに、機械学習モデルの基礎研究に加え、データから新規の科学的発見を自動的に行う機械学習手法の研究開発にも取り組んでいます。

人材募集

現在、新しくできた機械学習とデータ科学ユニットの立ち上げメンバーを募集しております。ご応募お待ちしております!

MLDSユニットについて:

  • 沖縄科学技術大学院大学 (OIST)に所属しております。OISTは学際的な研究を推進しかつ自然科学系の研究が大変強い大学院大学です。そのため、機械学習の数理的な研究だけではなく、自然科学への機械学習の応用 (Machine Learning for Science)の研究ができます。
  • 多様性のありかつ国際的な研究ユニットです。
  • 毎年、数本の論文をNeurIPS, ICML, AISTATS, ICLRといった著名な機械学習の国際会議にて発表しております。
  • 国内では、理化学研究所高次元統計モデリングチームと京都大学の鹿島山田研と共同で研究をおこなっております。海外とはこれまでにCMU, Oxford, UCL等の大学や、NTT CS研、Google Brain等の民間企業の研究者と共同研究を行なっております。

研究員

近いうちに公募情報を掲示します。

博士課程学生

直接、OISTの博士課程プログラムにご応募ください。 
パスウェイを用いた博士課程進学を希望の方は、インターンシッププログラムへの応募をご検討ください。

インターン

直接、OISTのインターンシッププログラムにご応募ください。
OISTのインターンシッププログラム以外でも、修士課程および博士課程の学生をユニットでのインターンシップとして受け入れることができます。ご興味のある方は、履歴書及びこれまでの論文(arXiv等のテクニカルレポートも可)と弊ユニットでやりたいことを簡単にまとめてmakoto.yamada (at) oist.jpまでお送りください。

訪問者

2023年4月以降であればOISTのキャンパスで長期・短期の訪問者を受け入れることが可能です。