免疫シグナルユニット (石川 裕規)

概要

 高度な細胞ネットワークから成る免疫システムは、私たちが細菌やウイルスなどの病原体の感染に対抗するために必須な生体防御機構です。一方、不適切で過剰な免疫反応は自己の細胞を攻撃し、アレルギーや自己免疫疾患の原因となります。このようなことから、免疫システムの分子メカニズムを理解することは、様々な疾患に対する予防・治療法の開発に重要であると考えられます。

 私たちの研究室は免疫細胞の多様性を生み出す分子メカニズムに特に興味を持っています。免疫システムが多岐にわたる免疫反応を誘導できるのは、様々な免疫細胞集団が状況に応じて機能するからです。最近の研究は、免疫細胞集団が機能の異なる多くの亜集団へと細分化されることを明らかにしてきていますが、免疫細胞の多様化の基盤となる分子メカニズムの理解はまだ十分ではありません。これを理解するために私たちは、モデル生物であるマウスを用いて、分子生物学、生化学、バイオインフォマティクス、遺伝学の手法を駆使し、今までに知られていない免疫制御因子およびシグナル伝達の同定・解析を行います。これらにより、免疫疾患に対する新たな治療戦略および効果的なワクチン開発に貢献する新たな免疫制御メカニズムを明らかにしたいと思います。

 

参考文献

 

  • S. Koizumi, D. Sasaki, T. Hsieh, N. Taira, N. Arakaki, S. Yamasaki, K. Wang, S. Sarkar,  H. Shirahata, M. Miyagi, H. Ishikawa "JunB regulates homeostasis and suppressive functions of effector regulatory T cells"  Nat. commun. 9, 5344, 2018
  • Z. Hasan, S. Koizumi, D. Sasaki, H. Yamada, N. Arakaki, Y. Fujihara, S. Okitsu, H. Shirahata, and H. Ishikawa “JunB is essential for IL-23-dependent pathogenicity of Th17 cells” Nat. commun.8:15628, 2017
  • H. Chen, H. Sun, F. You, W. Sun, X. Zhou, L. Chen, J. Yang, Y. Wang, H. Tang, Y. Guan, W. Xia, J. Gu, H. Ishikawa, D. Gutman, G. Barber, Z. Qin, Z. Jiang “Activation of STAT6 by STING is critical for antiviral innate immunity” Cell 147, 436-446, 2011
  • H. Ishikawa and G. Barber “The STING pathway and regulation of innate immune signaling in response to DNA pathogens” Cell Mol. Life Sci. 68, 1157-1165, 2011
  • H. Ishikawa, Z. Ma, and G. Barber “STING regulates intracellular DNA-mediated, type I interferon-dependent innate immunity” Nature 461, 788-792, 2009
  • H. Ishikawa and G. Barber “STING is an endoplasmic reticulum adaptor that facilitates innate immune signalling.” Nature 455, 674-8, 2008