沖縄の病院リスト

特定健診とは

2008年4月より実施された厚生労働省令による保健制度。公的医療保険加入者の中で40歳〜74歳までを対象に行われる、生活習慣病(メタボリックシンドローム)予防のための健康診断です。
 

検査項目

特定健康診査は、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)* に着目した健診で、下記の項目を実施します。


*内臓脂肪型肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病
基本的な健診項目 問診
  • 現在の健康状態や生活習慣など
診察
  • 視診、触診、聴打診
身体測定
  • 身長、体重、腹囲
バイタル測定
  • 血圧、脈拍(循環器)
血中脂質検査
  • 中性脂肪、HDLコレステロールLDLコレステロール(動脈硬化)
肝機能検査
  • 肝細胞の酵素測定(肝機能)
血糖検査
  • 空腹時血糖またはHbA1c(糖尿病)
尿検査
  • 腎臓、尿路の状態、糖尿病
詳細な健診項目
(前年度の健診結果などに基づき、医師の判断により実施される)
心電図検査
  • 不整脈や狂心症などの心臓に関わる病気
眼底検査
  • 網膜撮影、眼底の血管観察(糖尿病、眼病、動脈硬化)
貧血検査
  • 赤血球数、血色素量(血液疾患)

 

健診対象者: 40歳〜75歳までの公的医療保険加入者及び被扶養者

学校が行う学校保健法・労働安全衛生法に基づく定期健康診断は、高齢者医療法に基づく特定健康診査に優先されます。そのため、定期健康診断の対象者である 加入者については、学校による定期健康診断を受診し、私学事業団にデータを送ることで特定健康診査に代えています。
 

健診費の補助

加入者については、学校における定期健康診断(OISTが費用を負担)の受診をもって特定健康診査の実施を行ったものとしています。
被扶養者等には、私学共済事業団から「特定健康診受診券」が送付されます。受診機関に加入者証とともに提出して、指定特定健康診査を受診することが出来ます。
 

特定保健指導

特定健康診査の結果から、生活習慣病の発病リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が期待される方を対象に、生活習慣を見直すサポートをします。特定保健指導には、リスクの程度に応じて、動機付け支援と積極的支援の二種類があります。
 

健診医療機関

特定保健指導利用券と共に同封されたリストをご覧ください。
 

プライバシーの保護

加入している医療保険機関では、個人情報保護法に準じて健診・保健指導の結果データを厳重に管理することが義務付けられており、情報の取扱いにおける過失は法律で罰則が定められています。
 

がん検診との違い
がん検診はがんの早期発見を目的とする健診で、各市町村が実施しています。特定健診は生活習慣病予防(メタボリックシンドローム予防)を目的し、全身の健康状態をみるための健診となります。

 詳しくは私学共済事業団特定健康についてのホームページをご覧ください。

ページのトップへ