2017年5月に開催された沖縄ジェンダー サミット10 報告

沖縄ジェンダー サミット10サテライト会議:アジア太平洋地域での最先端の女性科学者達の集い

沖縄ジェンダー サミット10サテライト会議は2017年5月29日と30日に沖縄科学技術大学院大学(OIST)にて開催された。このサテライト会議は、 2017 年 5 月 25日と26 日に東京都で開催されたジェンダー サミット10本会議の補足イベントとして、沖縄科学技術大学院大学九州大学琉球大学日本科学技術振興機構によって実施された。この会議の目的は、アジア太平洋地域の優れた女性科学研究者および指導者の成果を公に評価すると共に、STEM(科学 Science、技術 Technology、工学 Engineering および 数学 Mathematics) 分野に従事する女性達の交流を活発にすることである。前述の大学及び機構に加え、女性研究者の情報交換を促進するQwea(きゅーうぃ、九州・沖縄アイランド女性研究者支援ネットワーク)に属する九州地域の十二大学がパートナーとして参加した。

 

OIST中庭にて 沖縄ジェンダー サミット10サテライト会議、参加者集合写真

 

このサテライト会議には国内の他、海外11カ国から78名の参加者があった。5月29日は招聘科学者による講演、学生や若い研究者によるプレゼンテーションに続き、パネルディスカッション、夜の会食が行われた。翌30日は希望者によるオプショナルツアーにて幕を閉じた。

主催者は「今回の会議はすべての意味で大きな成功を収めた。」と報告した。参加者はアジア太平洋地域の様々な国から参加した、各専門研究分野で成功をおさめた女性指導者との交流を得ただけではなく、活発な論議を通じて他大学の若年層研究者と新たな情報を共有するネットワークを築くきっかけにもなった。今後も各参加者の間で盛んに情報交換が行われることが強く望まれる。

 

File Attachments