English Page

チンアナゴのすべて

チンアナゴはサンゴ礁周辺の砂地に住む魚です。砂に掘った穴から体を出して、流れにのってやってくるプランクトンを食べます。

英名はgarden eel(ガーデンイール)といって、砂から頭を出している様子が庭園のようだったことから名前がついています。

このサイトでは、科学的に証明されているチンアナゴの知識をお伝えします。

 


 

 

目次 種類 チンアナゴの種類は?
一番長いのは? 食事 どうやって餌を食べる?
何を食べる? 天敵 チンアナゴの天敵って? おうちづくり 穴の中ではどんな形?
砂はどうやって掘る? 体の特徴 チンアナゴのユニークな特徴って? 繁殖 繁殖はいつどうやってる?
チンアナゴの子どもはどんなの? 研究 チンアナゴの研究ってどんなことするの?
種類   

チンアナゴといえば、みなさんはどんなものを思い浮かべますか?
水族館でよく展示されているのは、黒い水玉模様がかわいいチンアナゴとオレンジと白のボーダーがきれいなニシキアナゴです。

 

 

「チンアナゴ」は一般的にはこの1種類を指しますが、実はウナギ目アナゴ科チンアナゴ亜科という分類の名前を指すこともあります。チンアナゴ亜科には現在36種類も登録があるんです!

チンアナゴ亜科はチンアナゴ属とシンジュアナゴ属に分けられ、チンアナゴは前者に、ニシキアナゴやホワイトスポッテッドガーデンイールは後者に分類されます。よく見るとチンアナゴ属は頭が丸っこく、シンジュアナゴ属は顔が細長いですよ。

ちなみに水玉模様のチンアナゴは1959年に正式に登録された種類です。比較的新しいですね。チンアナゴの中では、1868年にゼブラチンアナゴが初めて登録されました。

一番長いチンアナゴはバーンズガーデンイール(Barnes' garden eel)という種類で、121cmとの記録があります。なんと小学1年生くらいの子どもの身長と同じくらいです!

←もっと詳しく

食事

サンゴ礁にくらし、プランクトンを食べる多くの魚は泳いで獲物をつかまえます。一方でチンアナゴは穴に体の一部を入れたまま、流れてくるプランクトンをつかまえます。

プランクトンをつかまえるため、群れの中のチンアナゴはみんな流れの向きと反対の方向を見つめて、餌を待っているんですよ。

 

 

自然ではカイアシというプランクトン、小さい生物の卵や幼生などを好き嫌いなく食べています。

最新の研究ではチンアナゴが姿勢などを調整することで、流れがある程度速くても食事を可能にしていることが分かってきました。

そして、食べたら排泄もしなければいけません。

 

 

このように、チンアナゴは体の中央あたりにある総排泄腔からうんちを出します。動画の中では流れが強かったにも関わらずちゃんと穴の外で排泄していました。穴の中を汚さないようにしているのでしょうか?

←もっと詳しく

天敵

現在、科学的に記録された天敵はとても少ないですが、大きなエイやベラ科の魚がチンアナゴを捕食するところが記録されています。

 

 

天敵となる可能性がある魚として、ウミヘビや他の魚食硬骨魚が挙げられていますが、直接的な証拠はありません。

周りの魚に対する反応は攻撃されるリスクによって異なるようです。チンアナゴは魚食硬骨魚が近づくとすぐに穴に隠れるものの、天敵ではないサメが近くにいてもあまり大きく反応しないことが明らかになっています。

 

 

びっくりするくらいサメのことを気にしていないですね。

←もっと詳しく

おうちづくり

チンアナゴは自分でほった穴をおうちにしています。まっすぐなのか、スパイラルなのか、くねくねなのか、穴の中の形が気になりますね?画像をクリックして、答えを確認してみてください!

 

 

正解はこのようにくねくねになっています。これは穴の中にエポキシ樹脂を入れて確かめた研究で明らかになりました。

穴の形は種類によって少し違って、チンアナゴ属はシンジュアナゴ属よりもくねくねの数が多かったり、体の長さに比べて長い穴を掘ったりしています。

みなさんはチンアナゴが穴を掘る瞬間を見たことがありますか?次の動画は穴掘りをとらえたものです。

 

 

とても速い動きでドリルのように掘っていますね!実は、しっぽ側から穴をほる時に、同時に皮膚から粘液を出して壁を固めているんです!

その証拠にチンアナゴが隠れても、穴はそのまま見ることができます。みなさんは指を砂に入れても穴の形を維持できないですよね。

おうちを変える頻度については様々な記述があります。ほとんど変えることはないというものもあれば、多くの個体が1~2週間くらいで50cm以内に新しく穴を作るというものもあります。

←もっと詳しく

体の特徴

チンアナゴの体はユニークなライフスタイルに合わせたような特徴があります。

顔の大きさに比べて、目がとても大きいです。これはその大きな目を使って昼にプランクトンを食べるためだとされています。

 

 

他のアナゴ科の魚はほとんどが夜行性で、目も小さくできています。

また、しっぽがとても頑丈で鋭くなっています。これはしっぽを使って砂に穴をほるためで、尾びれは退化していて筋肉や組織が発達しています。

 

 

多くの魚が泳ぐために胸びれを使いますが、泳ぐ必要があまりなくなったチンアナゴでは、胸びれが退化しています。

しかし、よく観察すると、とっても小さい胸びれがあるんです。

 

 

←もっと詳しく

繁殖

チンアナゴは繁殖行動もとてもユニークです。他のウナギ目の生物はすみかとは別のところに繁殖する場所があって、そこまで繁殖をしに行きます。一方でチンアナゴはコロニーの中で繁殖をします。

チンアナゴの繁殖行動はすみだ水族館で初めてとらえられました。夜に素早く放卵・放精をしています。よく見ると、チンアナゴとニシキアナゴで行動の違いもありますね。

 

 

生まれたレプトケファルスという幼生は近海の水面あたりを漂い、成長したところで生息地となる砂地を見つけて定住すると言われていますが、詳しいことはまだまだ分かっていません。

研究

私たちはチンアナゴの餌を食べる行動についての研究をしています。チンアナゴの食事はプランクトンを運ぶ流れに大きく依存しています。そこで、流れが変化した時にチンアナゴの行動がどのように変わるかを調べているんですよ!

この動画は流れが遅い時と速い時でチンアナゴの姿勢や穴から顔を出す長さが変わっていることをとらえたものです。チンアナゴたちはこのように水の抵抗を減らしたりして、流れに対応しているんですね。

 

 

←もっと詳しく

アイコン

私たちの研究プロジェクトを表したアイコンを作成しました!

複雑な流れの中でプランクトンを食べようとしているチンアナゴを表現しました。星のように見える白い点はよく見るとプランクトンの形をしています!

designed by がわを



 

~参考文献~

Bleeker, P. (1868). Description de trois especes inedites de poissons des iles d' Amboine et de Waigiou. Versl. Meded. K. Akad. Wet. Arnst. (2)2: 331-335.

Böhlke, J. (1951). A New Eel of the Genus Taenioconger from the Philippines.

Canei, J., Trupia, A. and Nonclercq, D. (2020). Cytological analysis of integumentary and muscular adaptations in three sand-dwelling marine teleosts, Ammodytes tobianus (Ammodytidae), Gorgasia preclara (Congridae) and Heteroconger hassi (Congridae) (Teleostei; Actinopterygii). J. Fish Biol. 97, 1097–1112.

Castle, P. H. J. and Randall, J. E. (1999). Revision of Indo-Pacific Garden Eels (Congridae: Heterocongrinae), with descriptions of five new species. Indo-Pacific Fishes 1–52.

Clark, E. (1971). The Red Sea garden eel. Bulletin of the American Littoral Society. 7:4-10. —. 1974. Houdinis of the Red Sea. Int. Wildlife. 4:13-17.

De Schepper, N., De Kegel, B. and Adriaens, D. (2007). Morphological Specializations in Heterocongrinae (Anguilliformes: Congridae) Related to Burrowing and Feeding. J. Morphol. 356, 1042–1154.

Donham, E., Foster, M. S., Rice, M. R., Cailliet, G. M., Yoklavich, M. M. and Hamilton, S. L. (2017). Natural History Observations of Hawaiian Garden Eels, Gorgasia hawaiiensis (Congridae: Heterocongrinae), from the Island of Hawai’i. Pacific Sci. 71, 135–147.

Fricke, R., Eschmeyer, W. N. & Fong, J. D. (2021). SPECIES BY FAMILY/SUBFAMILY. (http://researcharchive.calacademy.org/research/ichthyology/catalog/SpeciesByFamily.asp). Electronic version accessed 01 Apr 2021.

Fricke, H.W. (1970). Ökologische und verhalten-biologische Beobachtungen an den Rohrenaden Gorgasia sillneri und Taenioconger hassi [Ecological and behavioral observations of the bur- rows of Gorgasia sillneri and Taenioconger hassi] (Pisces, Apodes, Heterocongridae). Z Tierpsychol. 27:1076–1099.

Kakizaki, T., Kobayashi, K., Nakatsubo, T., Wakiya, R., Watanabe, S., Miller, M. J. and Tsukamoto, K. (2015). Spawning behavior of garden eels, Gorgasia preclara and Heteroconger hassi (Heterocongrinae), observed in captivity. Mar. Freshw. Behav. Physiol. 48, 359–373.

Kessel, S., Hinojosa, N., Wilson, H., Clementi, G. and Knapp, C. (2018). Varied response of garden eels to potential predators and other large-bodied organisms. Matters 1–5.

Khrizman, A., Ribak, G., Churilov, D., Kolesnikov, I. and Genin, A. (2018). Life in the flow: unique adaptations for feeding on drifting zooplankton in garden eels. J. Exp. Biol. 221,.

Raffel, M., Willert, C. E., Wereley, S. T. and Kompenhans, J. (2007). Particle Image Velocimetry. Berlin, Heidelberg: Springer Berlin Heidelberg.

Randall, J. E. (1967). Food Habits of Reef Fishes of the West Indies.

Smith, D.G. (1989). Family Congridae. In: Böhlke, E.B. (Ed.), Fishes of the Western North Atlantic. Memoirs of the Sears Foundation for Marine Research, 1 (9), pp. 460–567.

Tyler, J. C. and Smith, L. (1992). Systematic significance of the Burrow form of seven species of garden eels (Congridae: Heterocongrinae). Am. Museum Novit. 3037, 1–13.

Vigliola et al. (1996). Les Heterocongrinae (Telostei: Congridae) de la pente externe de Moorea (Ile de la Societe, Polynesie Francaise): distribution et biologie [The heterocongrinae (Teleoste: Congridae) of the outer slope of Moorea (Society Islands, French Polynesia) distribution and biology]. Cybium. 20:379-393.