環境科学セクション

沖縄環境研究支援セクション集合写真

Overview

沖縄環境研究支援セクションは、2021年4月より、環境科学セクションにセクション名が変更になりました。OISTの沖縄陸域フィールド研究や地域社会ネットワークをより持続的安定的に維持推進するため、OKEON美ら森プロジェクトの一部機能が独立する形で2019年4月に設立されたセクションです。
これまでOKEON美ら森プロジェクト(https://okeon.unit.oist.jp/?lang=ja)で培った沖縄社会とのネットワーク、環境観測ネットワーク、そしてそれらを支える経験豊富なチームを活かし、沖縄における陸域野外調査のサポートや、システムの維持管理、そして環境研究や環境教育を通した沖縄の持続的発展への貢献を目指します。

セクションメンバーへのお問い合わせは、まとめてこちら宛でお願いします。
環境科学セクション <oerss@oist.jp>

Mission

  • 沖縄県内の陸域におけるフィールドワークのサポート
  • 陸域フィールドワークに関する共通機器の維持・管理
  • OKEON美ら森プロジェクトの運営と発展、活用
  • OKEON美ら森プロジェクト観測機器の維持・管理
  • OKEON観測網による、長期的なデータ収集および試料コレクションの管理・保管
  • OKEON美ら森プロジェクトのデータや人材、協働ネットワークを活用した、沖縄社会の持続的発展への貢献

Services

OIST研究者向け支援内容

  • 沖縄県内の陸域サンプリングに必要な許認可の探索と案内、申請支援
  • 沖縄県内の陸域調査実施に必要な地元との調整
  • OKEON美ら森プロジェクト調査区についての情報提供
  • OKEON美ら森プロジェクト調査区での調査実施に対する総合支援
  • OKEON美ら森プロジェクトに関わる学術成果の、沖縄社会へ還元、プロモーション、およびその調整

Latest Posts

  • カメラトラップを一新しました(2020/10)

    OKEON美ら森プロジェクトのカメラトラップ網では、沖縄本島各所に設定した24箇所のコアサイトに、合計47台を設置して動物の観察を継続的に実施しています。沖縄の強い日差しや、台風のような暴風雨、そして時には機器内へのアリの侵入など、その稼働条件は過酷です。数年での更新が必要になりますが、これまで利用していた機器がメーカーの製造中止により更新ができなくなってしまいました。新しい機器の選定から、新機器の設置とメンテナンス方法の検討、室内や野外での稼働試験などを経て、ようやく今年度の大きな課題のひとつであった新機器への更新が実現しました。今後は実際に稼働しながらの調節、改良の段階に入ります。新しい機器が沖縄の生物のどんな姿をとらえてくれるのか、今から楽しみです。

  • 琉球大学昆虫学実習(2020/09)

    このところ、毎年恒例になっている琉球大学学部生への昆虫学実習。今年はコロナ禍ということもあり、実施が危ぶまれていましたが、例年よりも日程を短縮しつつ実施しました。私たちの環境モニタリング調査機器を見学したり、実際の昆虫試料に触れたりして学べる機会なので、オンラインでは伝わりにくいでしょう。短い時間でも対面で実施できて良かったです。例年同様に、フィールドチームメンバーからも学生にアドバイス。

  • ハヤトゲフシアリの防除開始(2020/08)

    那覇市で定着が確認された新しい外来アリのハヤトゲフシアリLepisiota frauenfeldiについて、私たちOIST沖縄環境研究支援セクションの声がけで住化エンバイロメンタル株式会社、琉球大学、那覇市という組織横断協働体制のもと、防除が開始されました。本州でヒアリが発見された2017年頃から、沖縄県内では研究機関や行政機関を含む複数の機関が連携して、外来アリの監視を実施しています。そのひとつ、環境省の2020年2月調査において、那覇市の国道沿いにハヤトゲフシアリが定着していることが確認されました。環境省沖縄奄美自然環境事務所の調整のもとで速やかに関係者が集まり、根絶への方針共有とその準備をしてきました。私たちセクションはいち早く、防除に必要な定着範囲やその生態を明らかにするための基礎調査を実施して、早期防除開始を主導してきました。今後、沖縄本島のハヤトゲフシアリの拡散防止や低密度化、そして根絶を目指した防除とモニタリングと並行して、データ蓄積とそれを元にした技術の開発を進めていきます。