環境科学セクション

沖縄環境研究支援セクション集合写真

Overview

沖縄環境研究支援セクションは、2021年4月より、環境科学セクションにセクション名が変更になりました。OISTの沖縄陸域フィールド研究や地域社会ネットワークをより持続的安定的に維持推進するため、OKEON美ら森プロジェクトの一部機能が独立する形で2019年4月に設立されたセクションです。
これまでOKEON美ら森プロジェクト(https://okeon.unit.oist.jp/?lang=ja)で培った沖縄社会とのネットワーク、環境観測ネットワーク、そしてそれらを支える経験豊富なチームを活かし、沖縄における陸域野外調査のサポートや、システムの維持管理、そして環境研究や環境教育を通した沖縄の持続的発展への貢献を目指します。

セクションメンバーへのお問い合わせは、まとめてこちら宛でお願いします。
環境科学セクション <oerss@oist.jp>

Mission

  • 沖縄県内の陸域におけるフィールドワークのサポート
  • 陸域フィールドワークに関する共通機器の維持・管理
  • OKEON美ら森プロジェクトの運営と発展、活用
  • OKEON美ら森プロジェクト観測機器の維持・管理
  • OKEON観測網による、長期的なデータ収集および試料コレクションの管理・保管
  • OKEON美ら森プロジェクトのデータや人材、協働ネットワークを活用した、沖縄社会の持続的発展への貢献

Services

OIST研究者向け支援内容

  • 沖縄県内の陸域サンプリングに必要な許認可の探索と案内、申請支援
  • 沖縄県内の陸域調査実施に必要な地元との調整
  • OKEON美ら森プロジェクト調査区についての情報提供
  • OKEON美ら森プロジェクト調査区での調査実施に対する総合支援
  • OKEON美ら森プロジェクトに関わる学術成果の、沖縄社会へ還元、プロモーション、およびその調整

Latest Posts

  • 県民の森の運用委員(2021/07)

    恩納村にある沖縄県県民の森には、OKEON美ら森プロジェクトの調査区が設置されています。それが縁で、環境科学セクションのリーダーである吉村は県民の森の運用委員を務めています。県民の森が、沖縄県の21世紀ビジョンや生物多様性おきなわ戦略、沖縄県SDGsに貢献でき、生物多様性保全や持続的活用を実践する拠点のひとつとして活用されるようになったら素敵です。OKEON美ら森プロジェクトを通して培った経験を活かして、より良い運用アイデアが提供できるように引き続きがんばります。

  • 博物館でのエントランスミニ展示「小さなエイリアン展」(2021/07)

    沖縄県立博物館が主催する特別展「みんなの進化展」の関連イベントとして、「小さなエイリアン展〜沖縄に潜む小さな侵略者」を博物館エントランスにて展示しました。展示内容は、外来アリの進化や生態、沖縄で取り組んでいる外来アリの防除についてなどを解説したパネルやOKEON美ら森プロジェクトで採集されたアリの標本、3Dアリ模型などです。あいにく展示期間中に緊急事態宣言が発令され博物館も休館となってしまったため、この展示を多くの人に見てもらうことはできませんでした。今回は残念でしたが、また今後どこかで「小さなエイリアン展」を開催できる時を待ちたいと思います。

  • 外来アリ防除に伴う工事調整会議を行いました(2021/05)

    私たち環境科学セクションが取り組んでいる外来アリ研究プロジェクト。その中でも現在力を入れているのが、那覇の国道に定着したハヤトゲフシアリLepisiota frauenfeldiの防除です。ハヤトゲフシアリの防除に効果的な方法や技術を研究するのはもちろんですが、この難敵に立ち向かうためには色々な学外機関との連携、協働が欠かせません。これまでも琉球大学や那覇市、防虫会社や環境省、沖縄総合事務局(国道事務所)、沖縄県などなど、機関横断的な協力体制を作ってきました。今回はそれに加えて、環境省沖縄奄美自然環境事務所の調整のもと、この場所で工事を予定する那覇市と沖縄県の各部局の方々と現地ミーティングを実施し、工事の際にハヤトゲフシアリを現場から拡散させない方策を話し合いました。それぞれの組織の専門性や職務権限などを活用しながら、引き続き沖縄県内からのハヤトゲフシアリ根絶を目指して頑張っていきます。