環境科学セクション

沖縄環境研究支援セクション集合写真

Overview

沖縄環境研究支援セクションは、2021年4月より、環境科学セクションにセクション名が変更になりました。OISTの沖縄陸域フィールド研究や地域社会ネットワークをより持続的安定的に維持推進するため、OKEON美ら森プロジェクトの一部機能が独立する形で2019年4月に設立されたセクションです。
これまでOKEON美ら森プロジェクト(https://okeon.unit.oist.jp/?lang=ja)で培った沖縄社会とのネットワーク、環境観測ネットワーク、そしてそれらを支える経験豊富なチームを活かし、沖縄における陸域野外調査のサポートや、システムの維持管理、そして環境研究や環境教育を通した沖縄の持続的発展への貢献を目指します。

セクションメンバーへのお問い合わせは、まとめてこちら宛でお願いします。
環境科学セクション <oerss@oist.jp>

Mission

  • 沖縄県内の陸域におけるフィールドワークのサポート
  • 陸域フィールドワークに関する共通機器の維持・管理
  • OKEON美ら森プロジェクトの運営と発展、活用
  • OKEON美ら森プロジェクト観測機器の維持・管理
  • OKEON観測網による、長期的なデータ収集および試料コレクションの管理・保管
  • OKEON美ら森プロジェクトのデータや人材、協働ネットワークを活用した、沖縄社会の持続的発展への貢献

Services

OIST研究者向け支援内容

  • 沖縄県内の陸域サンプリングに必要な許認可の探索と案内、申請支援
  • 沖縄県内の陸域調査実施に必要な地元との調整
  • OKEON美ら森プロジェクト調査区についての情報提供
  • OKEON美ら森プロジェクト調査区での調査実施に対する総合支援
  • OKEON美ら森プロジェクトに関わる学術成果の、沖縄社会へ還元、プロモーション、およびその調整

Latest Posts

  • OISTサイエンスフェスタでオンラインサイエンスカフェに挑戦(2021/01)

    例年、多くの人で賑わうOISTサイエンスフェスタ。しかしコロナ禍の現在、多くのイベント開催が見送られており、毎年数千人が訪れるOIST最大の地域開放日も例外ではいられません。その代わりに、今年はオンラインに切り替えての配信イベントとして開催し、その中で吉村がオンラインサイエンスカフェに挑戦しました。テーマは沖縄のアリを始めとした外来種について。初めて体験するオンライン配信でのカフェは勝手が違って大変でしたが、たくさんの方々に視聴してもらうことができました。

  • 辺土名高校で、サイエンスワークショップを開催しました(2021/01)

    高校生以上向けのサイエンスワークショップ「足元の生き物の多様性と外来生物」を開催しました。今回の対象は、OKEON美ら森プロジェクトの県内高校共同アリ類研究プログラムの参加校である辺土名高校の生徒さんたちです。辺土名高校は、この共同研究の他にも、OKEON美ら森プロジェクトの沖縄島24箇所のモニタリング調査区のうち、ひとつを設置させてもらっている学校です。1時間のプログラムのあと、休憩を挟んでOKEON美ら森プロジェクトの説明をして、その後みんなで実際の設置機器を見学するという、盛りだくさんの内容でした。

  • 琉大カガク院の講師を務めました(2020/11)

    環境科学セクションセクションリーダーの吉村が、琉球大学が主催する、科学分野に卓越した意欲や能力を持つ高校生を対象とした科学教育プログラム、「琉大カガク院(https://gsc.skr.u-ryukyu.ac.jp/)」の講師を務めました。OKEON美ら森プロジェクトや県内で私たちが実施している外来アリ防除のプロジェクトの紹介をしたあと、屋外に出て単位時間採集法を体験。自分たちで採集したアリを実際にソート、同定してもらいました。