環境科学セクション

沖縄環境研究支援セクション集合写真

Overview

沖縄環境研究支援セクションは、2021年4月より、環境科学セクションにセクション名が変更になりました。OISTの沖縄陸域フィールド研究や地域社会ネットワークをより持続的安定的に維持推進するため、OKEON美ら森プロジェクトの一部機能が独立する形で2019年4月に設立されたセクションです。
これまでOKEON美ら森プロジェクト(https://okeon.unit.oist.jp/?lang=ja)で培った沖縄社会とのネットワーク、環境観測ネットワーク、そしてそれらを支える経験豊富なチームを活かし、沖縄における陸域野外調査のサポートや、システムの維持管理、そして環境研究や環境教育を通した沖縄の持続的発展への貢献を目指します。

セクションメンバーへのお問い合わせは、まとめてこちら宛でお願いします。
環境科学セクション <oerss@oist.jp>

Mission

  • 沖縄県内の陸域におけるフィールドワークのサポート
  • 陸域フィールドワークに関する共通機器の維持・管理
  • OKEON美ら森プロジェクトの運営と発展、活用
  • OKEON美ら森プロジェクト観測機器の維持・管理
  • OKEON観測網による、長期的なデータ収集および試料コレクションの管理・保管
  • OKEON美ら森プロジェクトのデータや人材、協働ネットワークを活用した、沖縄社会の持続的発展への貢献

Services

OIST研究者向け支援内容

  • 沖縄県内の陸域サンプリングに必要な許認可の探索と案内、申請支援
  • 沖縄県内の陸域調査実施に必要な地元との調整
  • OKEON美ら森プロジェクト調査区についての情報提供
  • OKEON美ら森プロジェクト調査区での調査実施に対する総合支援
  • OKEON美ら森プロジェクトに関わる学術成果の、沖縄社会へ還元、プロモーション、およびその調整

Latest Posts

  • 小高博士と辺土名高校生のドングリ調査に同行させてもらいました(2021/10)

    森林総合研究所九州支所の小高信彦博士が来沖し、沖縄県立辺土名高等学校の生徒さんにスダジイ(イタジイ)のドングリの豊凶調査法を伝授。その調査に我々も同行させてもらいました。ヤンバルのドングリはそこに生息する動物たちを支える重要な食糧となります。豊作か凶作かをモニタリングすることは、動物たちにとってのヤンバルの森の生物多様性を知る手掛かりになります。小高博士はわかりやすい手引も作成されていて、とても勉強になりました。

  • HAPPY EARTH FESTA 2021(2021/09)

    環境科学セクションリーダーの吉村が、HAPPY EARTH ~持続可能な自然資源保全~というタイトルでの対談で、ゲストに招かれて出演しました。2021年のSDGs週間イベントHAPPY EARTH FESTA 2021は沖縄開催。残念ながら新型コロナ感染症感染拡大によりオンライン中心の開催になってしいましたが、直前の奄美沖縄自然遺産登録もあり、奄美・沖縄世界自然遺産登録記念セミナーという位置づけの通り良いタイミングになりました。きれいな会場にたくさんのスタッフ、おまけに対談という慣れないスタイルに少々緊張気味でしたが、私たちが実施している活動が、沖縄の自然を持続可能な活用や保全に貢献することを目指していることが伝われば嬉しいです。

    奄美・沖縄世界自然遺産登録記念セミナー

    HAPPY EARTH ~持続可能な自然資源保全~

    http://www.youtube.com/watch?v=XM4dF-bjP40

  • 世界自然遺産連携協定締結式がオンラインにて開催されました(2021/08)

    世界自然遺産連携協定の締結式が、コロナ禍で対面が難しい状況下でしたが、オンライン形式により実現しました。沖縄県内では、沖縄島北部ヤンバル地域と西表島が世界自然遺産に登録されました。これら地域で、将来にわたる保全と利用のバランスを適切に維持管理していくことは今後の課題です。そのためには、現状を知り、これからどうすべきかの指針が必要で、その基礎情報となる研究知見の蓄積は欠かせません。こういった研究を協力しながら進めていくため、沖縄県内の関係機関による協定が結ばれ、OISTも環境科学セクションが窓口となりそこに参加しました。これは、OKEON美ら森プロジェクトを通して沖縄島全域に生物多様性モニタリング網を立ち上げ、沖縄地域のみなさんと協働ネットワークを作ってこれらの知見を活用してきたひとつの成果と言えます。ただ、これはゴールではなく始まり。ヤンバル地域を脅かす大問題のひとつである外来種からの保全は、ヤンバル地域だけを守っていても実現しません。私たちの多くが暮らす中南部がその主戦場となると考えています。引き続き、外来アリ研究などを通して、沖縄の生物多様性保全に貢献していかなければと身の引き締まる思いです。