行動の脳機構ユニット (ゴードン・アーバスノット)

コードン・アーバスノット

行動の脳機構ユニット

ゴードン・アーバスノット 教授
教員担当学監

gordon at oist.jp

 

概要

行動の脳機構ユニットでは、特定のニューロンで産生される脳内報酬物質、ドーパミンの分泌過剰および分泌不足について研究しています。神経系におけるドーパミンの役割を解明するため、本ユニットでは、生理学、分子遺伝学、および解剖学の手法を用いながら、ヒトを含めた動物が外界と関わる際の基本的なメカニズムを研究します。研究の結果は、依存症からパーキンソン病まで様々な疾患に関連があります。